トピックス

度付きのスポーツサングラス

近年スポーツ用のサングラスを販売している眼鏡メーカーも増えてきています。そんな中で弱点となっているのが度付きのスポーツサングラスを提供できないということです。コストなどもかかってしまうため、売れ行きも考慮して手を出せないという企業が多かったのですが、最近では率先してビジネスを展開しているメーカーも増えてきています。度付きに出来ない理由としてはサングラスの形にもあります。スポーツサングラスというのは、顔を覆っていくような深くなっているカーブが最初からついていますので、競技で見る際に違和感を生みにくくなっています。そして度付きレンズを搭載していくには、視力を矯正させるための一般のメガネとは異なったスキルなどが求められてしまうのです。もしも技術がなくスポーツサングラスを度付きにした時には違和感を感じてしまうことがあります。 スポーツサングラスのド付きには様々なタイプがあります。まずはクリップオンタイプというもので、サングラスの内部に専用フレームを設置することで利用していきます。安くすぐに納品することができるのが特徴的です。次に跳ね上げ式タイプというものがあり、サングラスと一体型となっている跳ね上げ式のアダプターが特徴的です。メガネになったり、アダプターを下げてサングラスにしていくことができます。ただ金額が高いというデメリットもありますので、メーカーのホームページなどで価格を確認しておきましょう。 レンズが視線と直角に交わることが無いためで、内側にずれてしまうことがあるのです。そこでレンズを製造していく際にはプリズム補正という、視界を調整する方法を採用している眼鏡メーカーが増えてきていますので、カウンセリングなどを通して決めていくといいでしょう。価格帯は従来のスポーツサングラスよりも割高に設定されてしまうことが多く、高いものだと数万円かかってしまいます。自分の顔や使用用途によって決めていくといいでしょう。レンズやフレームの発注については、各メーカーで対応していることもありますので、問い合わせなどをして検討していくと間違えることがありません。

オリジナルサングラス製造・制作の株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積
ウェブカタログ